Contents









SS山岳部隊

Photos of old posts


  • Warning: mysql_fetch_array() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/vuser/7/9/0011097/www.kamerad.com/schwarz/wp-content/plugins/randomimage.php on line 516
  • Twitter Updates

    Popular Posts

    2010.05.05 | Hygiene

    Shaving Items

    当隊では数次にわたり、雑嚢の中身の充実を図ってきた。
    フォーク、ナイフ、スプーンといった食器に始まり、Esbit、調味料、レーション、タオル、マッチといったアイテムを実物/レプリカ取り混ぜて揃えてきたのだが、最近力を入れているのが、髭剃り用のアイテムである。

    一泊以上の活動では、起床時に髭を剃ることになるので、特に隊でお膳立てしなくても自発的に揃えていた隊員もいるのだが、やはりこの手の生活用品に興味の無い隊員もいるし、大抵は宿を出て活動をはじめる前に済ませてしまうので、どうしても実物乃至は当時のスタイルのものを持っていなければ話しにならないというアイテムでもない。従って、全員で揃えている訳ではないというのが現状である。

    しかし今後、4号戦車が完成した後は、砲身の下にテントを張って寝るといったプレイも想定され、活動中に髭を剃るというケースも増えてくるものと思われる。4号の実戦投入がはじまる迄には揃えて行こうということで、鋭意調達中である。

    髭剃り各種

    当時のドイツ軍で多用されていた、両刃カミソリ用のホルダーである。
    様々なメーカーで生産されていたが、基本的な仕組みと形状は大体同じである。
    素材はベークライトの他、金属製のものも生産されていた。

    中央の金属製のものは、現在でも生産されている独メルクール社製品。
    その左右はベークライト製のWW2当時の製品である。

    ヘッドを分離

    この種の髭剃りは、大抵このようにヘッドと軸とを分離することができる。

    ヘッド部は上下に2分割されており、その間に刃を挟み込む構造になっているのだが、稀に下側の部品が軸と一体になっていて、分離できるのは上側の部品のみというスタイルのものもある。

    WaA刻印

    上にあげた3種の内、左側のベークライト製のものは、国防軍の官給品で、軸の底にヴァッフェンアムトの刻印が入っている。

    携帯用ケース

    以前にも紹介したが、官給タイプの髭剃り用ケースである。
    3点とも革製のレプリカ。

    当時は革製の物の他、同一形状で、防水加工を施したキャンバス製のものも支給されていた。

    隊員に提供するのに、色や革の質を変えて色々試作してみたが、一番左の茶革の物を量産することとなった。

    収納状態

    髭剃りは軸とヘッドに分割して収納する。
    替刃も10枚入りのものを1箱収めることができる。

    替刃

    髭剃り本体と共に、様々なメーカーで生産されており、パッケージデザインも色々である。
    写真に見える3点は、全て当時のデザインである。

    現在でもこの種のカミソリは、独メルクール社をはじめ、世界各国で生産されており、日本でも雑貨店やドラッグストア等で購入することができる。

    シェービングブラシ

    石鹸を泡立てて、顔に塗るのに用いるブラシ。
    左の金属製の円筒形ケースに入れて携行する。

    ケースは実物だが、ブラシは流石に実物を使う気にはなれないので、米国製のレプリカ。
    ケースの底に穴が空いているのは、湿気が中に籠らないようにすると共に、中身を取り出し易くする為。

    尚、少々値は張るが、ドイツでは今でもこのような円筒形ケース入りのブラシが製造販売されており、日本国内でも購入可能である。

    収納状態

    携行時はこのようにケースに収める訳だが、使用後はしっかり乾かしておかないとスグにカビが生えてしまうので注意。

    シェービングソープ各種

    いずれも現代の製品だが、当時から変わらぬ姿で製造され続けている石鹸である。

    Klar社製シェービングソープ

    金属製の丸缶に収められており、容器はシェービングディッシュを兼ねているので、この状態で直接泡立てて使用する。

    シェービングディッシュと言えば、国防軍は円形のアルミ容器にガラス製のシェービングディッシュを収めて支給していた。当時のカタログを見ると、

    “Schraubdosen mit Glaseinsatz und Gummy”(ガラス容器とゴム付きスクリュー缶)

    という名で、

    直径80mm、高さ45mm
    直径100mm、高さ50mm
    直径120mm、高さ55mm

    の、大中小3種が掲載されている。
    また、ガラス製シェービングディッシュ無しのアルミ容器だけのものも用意されており、売店等で購入できたようだ。

    このKlar社の石鹸の容器の寸法は、3種の内の小サイズのものとほぼ同じであり、興味深い。

    スティック型ソープ

    こちらもドイツ製の現行製品だが、パッケージに、

    “Palmolive Classic”

    と記されているように、昔ながらのスタイルの製品である。
    当時はブラシと同様に、この円筒形の容器に収めて携行/使用されていた。

    使用する際は、適量をシェービングディッシュ上に切り出してから、泡立てる(顔面に直接塗り付けるという人もいるが、どっちが正しい使い方なのかは不明)。

    スティック型のシェービングソープは、欧米では今でも幾つかのメーカーで製造されているようだが、日本では殆ど見かけない。

    これも各社から様々な製品がリリースされており、中にはアムト刻印の入ったものもある。

    写真の物は一応当時の物という触れ込みなのだが、アムト刻印も無く、メーカー刻印や製造年刻印等も見当たらないので、本当に当時のものなのかどうかは不明。
    現在、米国で大量に出回っている。 

    まあ、用は足りるし、形もそれっぽくはあるし、何より数が揃うのが有り難い。

    鏡背面

    非常に簡便な作りで、スタンドは何と紙製!
    使っている内に、ヨレてモゲてしまうことは想像に難く無い。

    ただ、薄型なので、雑嚢に入れておくには便利ではある。

    2010.04.26 | Hygiene

    WW2 German Wehrmacht issue condomes

    WW2当時の独軍兵士の間で使われていたスラングで、

    “Thema Eins” (主題その1)

    と言えば、それは女の話しを意味していた。
    いつの世も、男の最重要な関心事と言えば、女のケツを追っかけることであるようだ。

    当隊隊員においてもその辺は変わらずで、既婚・未婚を問わず、数名集まれば、軍装よりもまずこっちの方が話題となることが殆どである。
    比較的若い連中は更にお盛んで、中には一晩で5機撃墜を誇り、「夜の撃墜王」とか「ナハト・イェーガー」等とあだ名されている隊員もいる。

    そういう訳で、男の集団である軍隊において、スキンは必需品である。
    ドイツ軍に限らず、各国軍において兵士にスキンが支給されていた。
    性病を煩って戦闘不能となる兵士が続出するのを抑えるのが目的だ。

    実物スキン

    これは10年以上昔に購入した、実物の国防軍官給スキンである。
    購入当時は白いスキンがちゃんと形を成していたのだが、十数年ぶりに開封してみたら、ご覧のようにトロけてグチョグチョになっていた。
    かろうじて根元のリング部分のみ原型を留めている。

    こまめに乾燥剤を取り替えて保管する必要があったようだ。

    実物とレプリカのパッケージ

    国防軍官給スキンのパッケージ。
    左が実物で、右が当隊でその昔作成したレプリカ。

    実物をスキャンし、文字をパソコン上でトレースして元データを拵えているので、ほぼズバリの出来映え。

    国防軍官給スキンレプリカ

    レプリカのパッケージには、現行品のスキンを入れている。
    装着して貰える場合は、この袋ごとグイっと手渡す訳だが、意外とウケは良く、スルーされたことは殆どない。

    まあ、結局中からオカモトのが出てくるんだけど。

    SSバージョン

    SSは独自にスキンも生産していたのは有名な話し。
    他にも石鹸や虫刺されの軟膏といった各種衛生用品も独自生産。
    「SS Packung」と記された衛生用品を市場では比較的多く目にすることができる。

    この国防軍官給スキン袋のレプリカも、近々Web Shopで再販予定。
    袋だけの販売となるので、中身は各自で気に入ったものを用意して欲しい。

    2010.03.10 | Hygiene

    Reproduction WW2 German shaving razor pouche


    久しぶりに雑嚢から取り出してみたら、ベークライト製の髭剃りが粉砕されていた。
    そんな経験をされた方も多いのではないかと思う。
    当隊でも裸で雑嚢に入れている隊員が多いので、髭剃り粉砕事件は頻発。
    大抵は地面に置いていた雑嚢を踏んでしまうとか、上に重い荷物を置くといったケアレスミスが原因である。

    「こんなに脆いのでは、当時のドイツ兵もさぞ困ったことだろう」

    そう思いがちなのだが、さに非ず。
    ドイツ軍は、つまんない物にもとにかくケースの類をつけるので有名だが、髭剃り用のケースもちゃんと用意されていたのである。
    もっとも、良く考えてみれば、刃の露出した髭剃りを裸で雑嚢や背嚢、衣類鞄(これらのいずれにも収める例がある)に入れておくバカはいない。そんなことをしたら、雑嚢等がボロボロになってしまうこと必定である。
    従ってこれは、実用せずに、刃をつけていないものを単に雑嚢の飾りとして入れておくケースに限って生じるトラブルと言えよう。実用するなら衛生上の観点からしても、裸で入れておこうとは思わないだろう。

    さて、髭剃りは官給品の他に、私物も持ち込まれていたせいか、これを収めるケースも、ベークライトや金属製のハードケースから、キャンバス製のジッパー付きポーチ等様々な形のものがある。その中でも有名なのが上の革製のポーチであろう。「Whermacht」や「Heer」といったスタンプが押されていることもあるので、官給品と思われる。

    構造は、十字にカットされた革にホックと髭剃りや替刃をホールドするためのループがついているだけという至って簡単なもので、携行時はこれを折り畳んでホックを留める。
    ループは本体に直接縫い付けられている訳ではなく、台布上に縫い付けられており、その台布の左右両端を本体に縫い付けることで固定されている。
    素材は革の他に、ニスを引き、防水加工を施したキャンバスを用いたものがある。

    尚、髭剃りはグリップとヘッドの部分を分割して収納するようになっており、写真のようにグリップの端が太いタイプだと、蓋を閉じた際の収まりが悪い。

    非常に簡素なアイテムだが、壊れ易いベークライト製髭剃りの保護にもなり、携行にも便利なので、今後量産して全隊員に支給する予定。型紙は起こしてあるし、革もあるので、近々作業会でも催そうかと思う。

    粉砕された髭剃り

    不注意から無惨にも粉砕されてしまった実物ベークライト製髭剃り。
    これはグリップの底にヴァッフェンアムトの刻印が入っている官給品。
    当時のT字髭剃りはどれも似たような形ではあるが、色やグリップ部の形状や長さに様々なバリエーションがある。

    また、素材もベークライトの他に、金属製のものも多かったようだ。

    梱包状態

    この状態で雑嚢や背嚢、衣類鞄に入れておけば、粉砕率は大分低下するだろう。
    元々小さなアイテムであるが、替刃も含めてコンパクトに携行できるのも良い。