Contents









SS山岳部隊

Photos of old posts


  • Warning: mysql_fetch_array() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/vuser/7/9/0011097/www.kamerad.com/schwarz/wp-content/plugins/randomimage.php on line 516
  • Twitter Updates

    Popular Posts

    2010.05.31 | Footwear, Sportswear, Underwear

    SS Sportswear

    その昔、SSの体力測定実施要領(測定メニューと合格ラインが記述されている)を入手した際に、これはいっぺん実際にやってみようという企画が立ち上がったことがある。

    で、皆で実物/レプリカのスポーツウェアやら用具やらを揃えてみようと試みたのだが、案の定、中々数が揃わず。結局やらず終いで今日に至っている。

    まあ、主要メンバーは今となっては結構いい歳になっちゃったし、今更体力検定もクソもないのだが、ランニング&短パンはこれからのシーズン、炎天下で戦車関連作業するには良さそうだし、ジャージは冬場の作業に向いているんじゃないかということで、やっぱり皆で揃えましょう、ということになり、その第1弾として、黒短パンのレプリカをちょっと前にリリースしてみた次第である。

    戦車やら他の企画と同時進行のため、中々思うように進まない面もあるのだが、本格的な夏を前に、とりあえずランニングと靴のレプリカ試作品が出来上がった。そこで、その昔購入した実物や海外製レプリカと共に、SSのスポーツウェアを紹介してみたい。

    SSスポーツシャツレプリカ

    昨年あたりから海外でレプリカが大量に出回るようになったので、今となっては労せず必要数を購入することができるのだが、運賃等を考えると、わざわざ海外から取り寄せるというのも馬鹿馬鹿しい類のアイテムなので、独自に制作してみた。

    ベースのランニングシャツは、その昔購入した実物のSSランニングシャツを片手に、似たような織り方の生地を用いた製品をチョイス。ワッペンは実物ジャージの胸についていたものから採寸&トレースして制作した。
    量産出来次第、WebShopにて販売予定。予価¥2,500-。

    尚、実物SSランニングシャツは、一度洗濯した際にタグがとれてしまい、ただの小汚いランニングシャツと化してしまったので、写真は省略。

    実物SSジャージ上下

    上着はプルオーバー式。
    SSジャージには、胸ポケットがあるのとないのと2種類あるが、これは左胸にポケットがついているタイプで、SSルーン章はそのポケットの上に縫い付けられている。

    実物SSジャージズボン

    腰と裾にゴムが入っていて、サイズ調整の紐の類はない。
    ただ、実物の中には腰が紐で縛るタイプのものも存在している模様。

    秋冬に向けて、このジャージのレプリカも制作する予定。

    米国製レプリカ

    何年か前にスティーブ・マクローガン氏から購入したレプリカ。
    じゃんけんで買ったら半額にするというので、当隊隊員が数名トライしたが、完敗。どうも彼はじゃんけんには自信があるらしい。
    既に品切れなのか、最近は売っているのを見かけない。

    見積もり次第では、自前で作らずに、スティーブ氏に制作依頼かけちゃった方が手っ取り早いかもしれない。


    米国製レプリカと比較

    左が実物で、右が米国製レプリカ。

    実物の方は、襟先が独軍シャツに良くみられる先細りに絞られるタイプで、レプリカの方は台形タイプ。また、レプリカの方は胸ポケ無しタイプである。

    生地の色目が、実物は青系の黒なのに対し、レプリカは赤系の黒という違いはあるが、総じて良くできていると思う。

    襟の形はやはり襟先が先細りになる方がそれっぽいので、当隊でレプリカを作る際はそのようにしたいと考えている。

    SSルーン章

    左が実物、右が米国製レプリカ。
    いずれもベボタイプ。

    径は実物がφ95mm、レプリカはφ100mm。

    タグ

    左が実物で、右が米国製レプリカ。
    どちらもメーカータグのみ。

    レプリカの方はともかく、実物の方は当時の市販ジャージにSSルーン章をつけただけという仕様なので、本当にSS官給品なのかは不明。単に販売業者が当時物のジャージにSSルーン章をくっつけてSSジャージに仕立て上げた可能性も残る。

    スポーツシューズレプリカ

    当隊で制作させたレプリカの試作品。
    何年か前迄は、米国でレプリカが出回っていたが、どうも品切れのまま再生産していないようなので、いつもブーツ類を作ってもらってる工房に頼んで試作してみた。

    形状的には普通の靴っぽいし、ブーツに比べれば脱ぎ履きも楽なので、普段履きとしてもいいかもしれない。

    こちらも近々WebShopにて、受注生産で販売予定。

    靴底

    とりあえず実物通りの革底にしてみたが、実用性を考えるならば、ゴム底の方がいいかも。

    2010.03.05 | Footwear

    Reproduction SS tropical high boots


    コルシカ島に駐留していたReichsfuehrer-SS師団や、南部ロシアに展開していた部隊等に支給されていた、SSのトロピカルブーツのレプリカである。
    戦車兵用黒アンクルやDAKブーツと同じ靴屋にて製作。
    DAKブーツの試作品のキャンバス地の色が薄かったのは、このブーツを作るついでに試作したからである。

    どういう訳か、SSのトロピカルブーツのキャンバス地の色は、陸軍のものと比べると薄いものとなっている。熱帯服もSSのものは緑ではなくカーキだ。

    何年か前に当隊ではちょっとサハリアーナが流行ったことがあったのだが、昨年夏にも一部隊員にプチブームが訪れ、その流れを受けて製作することとなった。
    まあ、いつ着用するんだという問題はあるが、実物/レプリカ共に入手困難アイテムの筆頭格なだけに、自前でいつでも作れる態勢を整えておくことは肝要であろう。

    お陰で今後、SSトロピカルブーツの調達に困ることからは解放された訳である。
    折角作ったので、暇があれば今年の夏はサハリアーナ+SSトロピカルブーツを活用した活動も企画してみたい。

    SSトロピカルブーツ靴底

    DAKブーツ等と同様に、実用性を考慮して、底には滑り止めのゴムを貼ってある。

    SSトロピカルブーツ背面

    SSトロピカルブーツは陸軍の物と異なり、編上げ紐が背面にあるのが特徴である。
    DAKロングブーツ同様に、ふくらはぎは日本人向けに太目に作ってある。

    今年の夏はこれでサバゲ&キャンプか?

    2010.03.05 | Footwear

    Reproduction German army tropical high boots


    DAKアンクルブーツに続き、DAKロングブーツの試作品。
    脱ぎ履きは面倒臭いが、格好良さでは独軍ブーツの中でも随一かと思う。

    SSのトロピカルブーツを試作するついでに作ったものなので、キャンバス地の色合いがオリジナルと異なるが。造りとしては全く問題無いと思う。
    以後の製造分はオリーブドラブのキャンバス地を用いれば、非常に良い感じとなりそうだ。
    また試作品が仕上がったら紹介したいと思う。

    DAKブーツ靴底

    アンクル同様、実用性を考慮して、底には滑り止めのゴムを貼ってある。

    DAKブーツ背面

    ふくらはぎは、日本人向けに太目に作ってある。
    海外のレプリカだとここが細いので、1〜2サイズ上を買わないと足が通らず、しかも爪先 or 踵がガバガバということになってしまう。

    2010.03.05 | Footwear

    Reproduction German army tropical ankle boots


    戦車兵用の黒アンクルブーツ(「Black leather ankle boots」参照)を作って貰った靴屋にて、他にも色々なWW2ドイツ軍フットウェアのレプリカを製作しているのだが、DAK好きなハント大尉の強力なプッシュで作られたのがこのDAK用アンクルブーツである。

    当隊はSS専門で、陸軍はやらない予定なのだが、このタイプのアンクルブーツは一部SSにも支給されたと言われているし、もしかすると将来、「作ってて良かった!」ということになるのかもしれない。
    しかし今の所は隊活動では使う予定ナシ。
    大尉同様にDAK装備を集めている隊員だとか、普段履きにいいんじゃないかという隊員が購入するに留まっている。確かに夏場にはいいかも。

    靴に限らないが、ドイツ軍物の製作経験のない所にレプリカ作成を依頼する場合、ドイツ軍物特有の雰囲気に繋がる細かなディティールを覚えてもらう迄が結構大変である。
    最近は靴屋の方も大分慣れてきたらしく、細かく指示を出さなくてもいいようになってきた。
    ここ迄くれば、大抵の靴は作れそうなので、今後靴の調達で困ることはないだろう。

    DAKアンクル靴底

    実用性を考慮して、底には滑り止めのゴムを貼ってある。
    勿論、実物同様の鋲打ちも可だが、当隊では不人気。

    DAKアンクル背面

    このラインだとか、靴底の造りがドイツ軍っぽさに繋がるポイント。
    まあ、殆ど見えないというか、履いちゃうと分からないという程度のことだけれども、どうせ金出して作るなら、納得の行くものにしたいのが人情。

    やはり職人というか工房とのコミュニケーションが肝要で、こちらの納得の行くものを黙って仕上げてくれるようになるまで、色々と教え込まないといけない。海外の工房なら尚更である。

    2009.12.31 | Footwear

    Black leather ankle boots


    戦車兵が履く靴は、所謂ジャックブーツか、黒のアンクルブーツかである。
    ジャックブーツなら当隊隊員は全員持っているので面倒は無いのだが、脱ぎ履きの問題やら、見た目やら、イメージやらを考えると、黒のアンクルブーツで揃えたい所である。
    しかし、そうなるとこれ迄歩兵中心でやってきた当隊の場合、茶革アンクルは持っていても黒いのは持っていないという隊員が殆どなので、新たに人数分調達してこないといけない。

    当初、その辺の作業服屋で売ってる黒の安全靴でいいじゃん、という話しもあったのだが、革の質感がどれもテカり過ぎな物が多く(探せば良い感じのものもあるのかも知れないが)、当然のことながらカットも微妙に違ったりするため、

    「悪くはないんだけど、ちょっとね」

    的な意見が多く、とりあえず予備として買いたい奴は買えということにし、正式採用するには至らなかった。

    海外のレプリカ屋もあたってみたが、必要な数を在庫している所は見当たらず。
    そうなるともう、オーダーメイドで作らせる以外に手はない。

    そこで茶革アンクルと、戦後の西独軍の黒革アンクルとを乗馬長靴等の製作や補修をお願いしている海外のブーツ屋に、採寸した隊員の足型データと共に送付。出来上がってきたのが上のブーツだ。
    独軍用アンクルブーツのレプリカ作成とかをやっているような店ではないので、仕上がりに若干の不安はあったのだが、ちゃんと見本を送っておいたせいか、ほぼズバリそのものの形状になっている。

    靴紐は見本にしてくれと頼んだ西独軍ブーツと同様の普通の靴紐になってしまっているので(指示するの忘れた)、その辺の手芸店で黒い革紐を買ってきて、適当にぶった切って交換する予定。

    黒革アンクル靴底。

    実用性というか、金属製の4号戦車の上で滑って転んだりしては生き恥を晒すことになるので、ソールには滑り止めのゴムを貼ってもらっている。
    だったら、安全靴で良かったじゃんという気もしないではないが、一応足型とって作ってもらっているので、履き心地は抜群。足に超フィットして快適だ。