Contents









SS山岳部隊

Photos of old posts


  • Warning: mysql_fetch_array() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/vuser/7/9/0011097/www.kamerad.com/schwarz/wp-content/plugins/randomimage.php on line 516
  • Twitter Updates

    Popular Posts

    2010.03.04 | Camouflage, Head Gear

    Reproduction W-SS camo winter padded parka hood


    4号戦車や戦車兵用ヘッドフォンといった隊内でも大人気なプロジェクトの裏で、ハント大尉が執念というか怨念めいた情熱を傾けて研究開発を続けてきたプロジェクトがこのSS迷彩防寒フードである。

    このフード、ちょっと前迄は米国で割といい感じのレプリカが売られていたが、現在は軒並みどのショップでもSold Out。手軽に購入できる中国製は何故か迷彩生地がHBTという詰めの甘さで、イマイチ買うに気になれずというのが現状。米国でも割とスグに売り切れてしまったし、言われてみると、いざ欲しいと思った時に入手に苦労するアイテムなのかも知れない。

    まあ、それだけ需要が少ないということなのだろうけれども。

    上の写真は、スティーブ・マクローガン氏より購入したツェルト用のオークリーフ迷彩生地を用いて製作した試作品。うっかり中国製HBT生地使用フード(Dパターン)を買ってしまった大尉が憤慨しながら開発しただけあって、中々の雰囲気に仕上がっている。

    オークB春パターン正面

    このフード、いつ見ても思うんだけれども、即身仏の「◯◯上人」とかが被ってるかぶりものとか、吉良邸に打ち入る大石内蔵助が被ってる頭巾だとか、大岡越前の奥方が町に出る時に被ってる奴とかを連想してしまう。

    オークB春パターン背面

    背面はタコというか、UMAもしくは宇宙生物っぽい。
    なんかEvilで、ヘンな病気をまき散らしそうな雰囲気だ。

    白面

    勿論裏返して、白面を表にしての着用も可能。
    もう冬も終わりなので、来シーズンに活用したい。

    白面正面

    白面は純白の生地と若干生成りっぽい生地の2種類で試作しており、後者の方が雰囲気が良かったので、量産はその生地を使って行う予定。

    白面背面

    白だと邪悪の感じはしないのかと思いきや、生えかけのドクツルタケ(猛毒。ちょっと食っただけで死ぬ)っぽい雰囲気で、やっぱ何か悪さしそうだ。

    オークB秋面

    春面に加え、秋面でも試作。
    好みもあるだろうが、やはりSS迷彩パーカーと言えば秋面ではなかろうか。

    秋面正面

    この形、上杉謙信とか弁慶の頭巾も連想させるね。
    あと秋面だと何となく忍者っぽくも感じるかも。

    秋面背面

    春面よりも病原菌まき散らしそうな雰囲気。

    型紙も問題ないようだし、大尉によれば今後Dパターン等、他のパターンでも製作するとのこと。
    これで来冬は迷彩防寒フードに困ることはないだろう。
    先日、パームツリーパターンの生地を買っていたので、実在しないパーム迷彩フードも拝めるかも?

    2010.02.10 | Head Gear

    Tank Crew Officer’s Visor Cap


    以前紹介した戦車将校用クラッシュキャップと共に、米国の業者から購入した将校用制帽。
    確か$50〜$60位だったと思うが、値段の割にはそこそこ良く出来ていると思う。
    アドラーやスカル、顎紐等もしっかりしたものがついている。
    ただ、ヤンケ製と比べてみるとトップが低目。この辺は好みもあるかと思うが、やはりもうちょっと高い方が格好いいと思う。

    これまで、戦車兵用のヘッドギアを色々と紹介してきたが、これでほぼ一通りは網羅したのではないかと思う。あとは布鍔クラッシュ位か?
    まあ、帽子ばっかり何種類もあっても、そうそうとっかえひっかえ被る訳にもいかないので、状況設定に応じて使い分けることになるだろう。

    何はともあれ、一日もはやく、これらの帽子類を被って4号戦車に乗りたいものだ。
    頑張ってキャタピラ作らねば。

    米国製レプリカ制帽内装。

    クラッシュキャップとほぼ同じだが、こちらは透明樹脂パーツ上の印字類がない。
    内装も値段の割には良くできている感じ。

    2010.01.12 | Head Gear

    SS old style field caps


    1935年頃から支給され始めたSSの旧型舟型略帽である。
    当時のSSの勤務服は所謂「黒服」であったため、略帽もそれに合わせて黒ウールで作られている。

    武装SSではM40舟型略帽が支給されるようになる前は、陸軍のM38舟型略帽を流用したり、この旧型略帽を用いていたとされる。
    特に黒の旧型略帽は装甲部隊で用いられたようで、当時の写真の中に僅かではあるが、ピンクの山型章を追加したものの着用例が認められる。

    当隊では戦車搭乗員用にM40黒略帽を揃えた訳だが、一人位これを被っている者がいても面白いかも知れない。

    上の写真は日本製のレプリカ。
    良く出来ているが、内装にある筈のタグは省略されている。

    SS旧型舟型略帽ヴァリエーション。

    当初は黒一色だったが、勤務服の変更や機能の拡大に伴い色違いのものも生産されるようになった。
    いずれも日本製のレプリカ。

    フィールドグレー旧型舟型略帽。

    勤務服が黒からフィールドグレーに変更された際に導入されたもの。
    生地がフィールドグレーである以外は、黒のものと同じ作り。

    内装のタグ。

    日本製のレプリカだが、内装にはタグが付けられていた。
    帽子自体の造りも上に載せた黒のものよりも丁寧で、内装の素材も実物同様である。

    アースグレー旧型舟型略帽。

    強制収容所に配置された「髑髏部隊(Totenkopfverbande)」用の略帽。
    制服に合わせてアースグレーのウールで作られている。

    内装のタグ。

    造りからして、上のフィールドグレーのものと同じメーカーのレプリカだと思われるが、アースグレー略帽の内装にはこのタイプのタグが付けられていた。内容はスティーブ製M40黒略帽に付けられていたものとほぼ同じで、SSの略帽に用いられる一般的なものである。

    2010.01.12 | Camouflage, Head Gear

    Leibermuster Camo Field Cap


    ライバー迷彩服、ライバー迷彩パーカーと同じく中国製のレプリカ。

    ライバー迷彩の規格帽はボルサレロ本にも出ていないアイテムである。
    SSのライバー迷彩アイテムとしては、当初、M44スタイルのHBT短ジャケット(通称「M45」)とそのズボンが知られているのみであったが、その後、防寒リバーシブルパーカーが発見され(怪しいという説もチラホラ)、更に近年では「実物」とされる迷彩規格帽が市場に出回るに至っている。

    この「実物」とされる規格帽は、西独軍のライバー迷彩生地(所謂SSのものとされるものと殆ど同じ)か、最近になって製作されたレプリカ生地を使って作られているのでは? という疑いは拭いきれないが、一応それらしいライバー迷彩生地を使って、SSスタイルの規格帽になっている。

    一方中国製レプリカは、周囲に飾り帯がつく統一規格帽風というか陸軍風なスタイルになっている点が残念。通風のためのハトメが打たれてしまっている点も惜しい。余計な手間かけることないのに。
    SS迷彩規格帽でも、フィールドメイドとされるものの中にはこういうスタイルのものもあるが、そういうコンセプトなのだろうか? 単に型紙がこれ一種類しかないからこのスタイルになったのだろうか?

    生地は戦闘服やパーカーと同じHBT生地で、戦闘服同様に「ヴィンテージ加工」されているのだが、私の手元に届いたものは、加工済み原反の中でも加工が甘い箇所から作られたようで、戦闘服程白っぽやけた感じにはなっておらず、個人的には良かったと思う。

    2009.12.31 | Head Gear

    Tank crew officer's "crusher" visor cap


    戦車兵装備に限らず、野戦帽の中でも人気が高いのが、このクラッシュキャップ。
    当隊では将校か下士官にならないと活動時に着用することはできないが、個人的に買って持っているという隊員は多そうだ。

    このSS装甲部隊将校用クラッシュキャップも、隊で戦車兵装備が解禁される前に個人的に購入していた物。
    メーカーは良く分からないが、隊員が見つけてきた米国で制帽類専門で売っている業者から、同じくSS装甲部隊将校用制帽と共にお試しで購入した。価格は確か制帽もクラッシュも同じで、一つ$50〜$60位。$100は絶対しなかったと思う。

    鍔は革製で、それ以外の基本的な造りは将校用制帽と同じ。
    ただ、トップの生地は制帽よりも荒目の野戦服に用いられるような生地になっている。

    米国製レプリカクラッシュキャップ内装。

    割としっかりしているというか、将校用制帽と同じ作り。

    「OFFIZIER KLEIDERKASSE BERLIN」
    「”ERIKA” ZONDER KLASSE」

    とプリントされている。

    2009.12.31 | Head Gear

    M43 Field Cap


    船形略帽と比べると隊内では不人気な統一規格帽(M43)であるが、4号H型が活躍する時代設定的には外せない装備品ということで、船形略帽と共にスティーブ氏に製作してもらった。

    一口に統一規格帽と言っても鍔の長さ、トップの高さ、徽章の位置、前面のボタンの数と材質等様々なバリエーションがあるが、今回は無難に上の写真のスタイルにしてみた。
    ただ、スティーブ氏のオススメは前面ボタン1つの「ビットマンスタイル」だったらしい。
    それも悪くはないけれども、やはり前面ボタンは2つの方がしっくりくるかなと。
    徽章はBevoで、正面に髑髏、左側面にアドラーが付くタイプ。

    まあ、この辺は好みの問題だし、4号戦車が完成して落ち着いてきたら、今度はビットマンスタイルのものを作って貰っても良いかも知れない。


    こちらはスティーブ製の将校用規格帽。
    以前何かのショーの時に購入したもの。

    基本的なスタイルは、トップがやや高目な以外は今回製作してもらった兵用のものと同じだが、前面のボタンが金属製のものになっている。
    徽章類は兵用と同じBevoタイプ。

    2009.12.30 | Head Gear

    M40 Field Cap


    レプリカの戦車兵用船形略帽は、出回る時はそれなりの数が出回るけれども、タイミングを逃すと中々数が揃わなかったりする。
    今回もどうもタイミングが悪かったようで、必要数を集められそうになかったので、服と共にスティーブ氏に製作を依頼した。
    もっとも今ならeBay等で中国製のレプリカを纏めて買えるようだ。

    実用的には統一規格帽の方が上だとは思うが(面倒なので、併せて作って貰ったけど)、やはり戦車兵と言えばコレというイメージがある。
    隊員からも是非にという声が多かったアイテムである。

    スティーブ製M40略帽内装。

    タグもついて、かなり良い感じ。
    見えない所だけれども、やはりこういうのがついてると嬉しくなってしまうのがマニアの性。

    タグのクローズアップ。

    これは付けて貰ったんだか、最近は付けるようになったのか、ちょっと忘れた。
    昔のスティーブ製略帽にはついてなかった。

    スティーブ製将校用M40略帽。

    これは上で紹介した兵用略帽と異なり、その昔、別途入手したもの。
    こちらは内装にタグはない(最近の製品にはついてるのかも)。
    購入以来数年の時を経て、ようやっと隊活動で着用できるようになった。