Contents









SS山岳部隊

Photos of old posts


  • Warning: mysql_fetch_array() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/vuser/7/9/0011097/www.kamerad.com/schwarz/wp-content/plugins/randomimage.php on line 516
  • Twitter Updates

    Pea pattern camo HBT Tank crew uniform

    黒戦車服同様、スティーブ氏に発注。

    HBTのドット迷彩物はM44等、過去に何度かスティーブ氏から購入してきたが、生地とパターンの風合いは今回のものがダントツ。実物と言われても納得しそうなグレードで納品されてきたので、驚いた。

    こちらは一応、黒服の上から羽織ることも想定し、一回り大きなサイズで仕立ててもらってある。
    が、恐らくは春夏はドット、秋冬は黒ウールという風な使い分けになると思われる。

    とりあえず黒ウールとこれの2揃えがあれば、一年を通じて戦車兵ごっこを堪能することができる。
    流石に日本の夏場に、戦車の中で黒ウールは自殺行為だろう。
    4号戦車はエアコン非搭載だし。

    ドット迷彩HBT戦車服上衣。

    基本的なカットは黒戦車服と同じ。

    徽章も同様に隊員各人の階級に対応したものが縫い付けられている。
    カフタイトルはBevoタイプ。

    ドット迷彩HBT戦車服ズボン。

    ポケットフラップは山型の1ボタン留め。

    5〜6年前に購入したM44上下も生地とパターンの風合いはかなり良かったが、今作はそれを凌ぐ力作であった。生地は多分、麻の混紡率が若干上がっていて、パターンも起こし直して、染料の色合いも変えてきているように思う。

    迷彩物は恐らくその時手に入った原反に一括してプリントし、それを使い切るとまた原反を仕入れて、再生産しているようで、恐らくはその際にパターンの改良を行っているのだろう。
    色合いは生地との相性もあると思われるので、本ロットは「当たり」と言えるかも知れない。