Contents









SS山岳部隊

Photos of old posts


  • Warning: mysql_fetch_array() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/vuser/7/9/0011097/www.kamerad.com/schwarz/wp-content/plugins/randomimage.php on line 516
  • Twitter Updates

    Popular Posts

    2011.12.14 | Panzer

    Pz.kpfw. IV ausf. H 2011.12.14

    久方ぶりの更新。
    4号戦車制作もいよいよ大詰め。
    外装はシュルツェンもついて、ほぼ完成。
    現在、駆動系の最終調整中だ。

    特に念入りにやらないといけないのが排気。
    これ、配管いい加減にしちゃうとクルーが酸欠で死んじゃうからね。

    以下、4号戦車の現況写真を紹介しよう。

    2011.07.02 | Panzer

    Pzkpfw.IV ausf.H 2011.07.02

    約1年ぶりの更新。
    昨年来、細かなディティールやパーツの制作に当たってきたのだが、ハッキリ言ってこだわり出すとキリが無い。どの辺でとりあえず手を打っておくかということで悩んできたのであるが、結果、隊内からの要望は極力盛り込んだ状態迄もって行くという事になった。

    が、そうなると予算オーバー。
    ここまで各隊員それなりの額をブチ込んで来たのだが、新たに予算を立てて各員から徴収すると共に、ミリタリー系イベントへの出店を再開。その売り上げも4号制作費として投入することで何とか目処が立ってきた。

    これまで当隊ブースにて色々とお買い上げ下さった皆さんに、改めて感謝を申し上げる次第である。
    皆さんのご協力の元、本年中には戦線に投入できそうだ。

    そこで以下、近況をご報告。

    車体部分はほぼ仕上がっているので、砲塔周りの完成を当面の目標として作業にあたってきた。
    ご覧のように車長用キューポラと工具箱を取り付け、大分4号戦車の砲塔らしい外観になってきたと思う。

    以前も記したと思うが、やはり戦車の顔とも言うべき砲塔の仕上がりが全体のイメージを左右するので、都度パーツを着脱し、微調整を施しながら様子を見てという地道が作業が続く。

    キューポラにはまだ対空機銃用マウントやハッチが装着されていないが、基本的な外観はほぼ仕上がっている。覗き窓ブロックも一応再現。

    砲塔後部の工具箱は勿論ライブだ。
    このようにちゃんと中に物を入れられるようになっている。

    工具箱を砲塔から外した所。

    勿論図面を引き、それに基づいて作成しているのであるが、全て手作業なので、とりあえず組み上げてから微調整を加えて納得の行くシェイプに修正して行っている。
    全体のバランスを見るのに、都度砲塔へ着脱するのも一苦労だ。

    キューポラも同様。
    複雑な形状である上に、覗き窓ブロックの加工もあるので、工具箱とは比べ物にならない時間を費やして制作。なんとかここ迄もってきた。

    マズルブレーキも溶接&板金で作成。

    砲塔周りにはこの後シュルツェンを付ける予定になっているので、この状態で見られるのは今だけかも。

    2010.05.18 | Panzer

    Pzkpfw.IV ausf.H 2010.05.16

    完成に向け、鋭意製作中の4号H型。
    先日、下地塗装と今後の作業手順を確認するために、仕上がっている主要パーツをとりつけてみた。

    ご覧の通り、本体はほぼ組み上がっている。
    あとは、「取り敢えず」どの程度迄ディティールを追加するかが悩み所。
    まあ、結局皆の気が済む迄、適宜追加していく事になるとは思うのだけれども、初陣迄にどこ迄作業しておくか、そろそろ決めないといけない。

    車長用キューポラは作業スペースの関係で、別の場所で加工しているので、今回は省略。
    マズルブレーキも、現在ちゃんとした奴を別途製作中。
    当面はPAK40のを流用するかもしれない。

    側面、背面もここ迄出来ている。
    マフラー関係も別の場所で作業しているので、今回は取り付けられず。
    勿論、実車同様のマフラーから排気煙を吐き出す仕様になっている。

    砲塔側面ハッチもライブ。

    キャタピラも片側分と予備分は完成。
    残りも既に部材の切り出しは終わっているし、半分位は組立て終わっているので、あと一息だ。

    こちらも実車同様に、1ピースずつ、ボルトで連結するようになっている。
    今からキャタピラ着脱プレイをフィールドでかますのが楽しみだ。

    因みにキャタピラ片側分を組み付けるのに、3人がかりで約1時間かかった。
    今後の訓練でこのタイムをどこまで縮められるかも楽しみである。

    かなり4号っぽくなってきて、隊員一同、士気上がりまくり。

    キャタピラが一段落したら、次はシュルツェンを仕上げてしまおうと思う。
    シュルツェン取り付ければ、車体の細かなディティールは余り気にしなくて済むし。

    塗装は初回は3色迷彩にする予定。
    その次は季節的に冬季迷彩かな。
    1/1だけに、塗り応えがありそうだ。作業着も塗装用に新調する予定。

    2010.03.31 | Panzer

    Pzkpfw.IV ausf.H road wheel & caterpillar

    4号戦車に必要な、約300個のキャタピラピース部材の切り出しがようやっと終わった。また、転輪の制作もとりあえずの所は終了した。

    前にも書いたが、同じ形状のものを手作業の板金叩き出しで数百個作るというのは、本当に時間のかかる作業である。車体の方もまだ若干のディティールの追加等を行う必要があるのだが、やはりキャタピラや転輪といった足回りの制作の完了をもって、4号戦車完成という段取りになるものと思われる。

    本日はそんなキャタピラ&転輪の制作風景を紹介したい。

    キャタピラピース部材

    ようやっと必要数の全てを切り出すことができた。
    これはキャタピラ本体の部品。
    これを折り曲げて、あの形状に加工する。

    キャタピラピース側面部材

    こちらは作りかけの側面の部材。
    これも元は一枚の鉄板を切り抜き、折り曲げて制作している。
    キャタピラピース1個につき、左右2個必要となる。

    歯の部材

    キャタピラピースの噛み合わせ/ガイド用の歯の部材。
    これは3つの部品を組み合わせて制作する。

    従って、1個のキャタピラピースを作るには、6つの部品を折り曲げたり、溶接したりしなければならない訳で、それを約300個作るというのは、正に気の遠くなるような話しである。

    転輪

    キャタピラと比べれば大分数は少なく、形も単純とはいえ、やはり同じものを複数拵えるというのは面倒な話しである。

    特に足回り等の可動部の部品は、割とシビアな設計になっているので、寸法に個体差が出ないよう、気を払わねばならない。

    出来上がったキャタピラピースは、試しにに連結し、転輪上を這わせてみることで、問題なく使えるかどうかチェック。

    ここで連結や動きに問題があるピースは刎ねられる。

    […]

    2010.02.11 | Panzer

    Pzkpfw.IV ausf.H Gleitrollen (road wheel)

    4号戦車を作る上で一番面倒臭くて辛い作業はキャタピラピース作りであるということは以前に述べたが(まだ全部できてない)、それに次ぐ苦行的作業は転輪製作である。
    基本的に同じ物を沢山作らないといけない作業というのは辛いものだ。

    上の写真は去年、仮に転輪をとりつけてみた際の様子。
    ディティールまで仕上がっているのは起動輪と誘導輪、上部のガイドだけで、メインの転輪はまだ加工途中である。

    M4シャーマンの時はキャタピラは回らない構造だったので、下部のキャタピラに衝撃が加わった際に転輪が若干上下して緩衝してくれさえば良く、基本的にはなんとなく形になっていればOKであった。
    しかし4号はキャタピラが回るようになっているため、ちゃんとキャタピラを噛んで、やたらめったら外れないように、各種転輪もそれなりの精度をもって製作/取り付けなければならなかった。

    下部転輪は実車同様に二個一組でハ字型のステーに取り付けられており、左右それぞれ独立して動くようになっている。4号はキャタピラピースも含め全金属製なので、シャーマンの時のようにちょっと何かが当たっただけで部品が破損することはないと思われるが、一応衝撃をある程度は受け流せるようにとの配慮で、実車の構造を簡略化した設計を採用した。
    また、実車ではハ字ステーの間に板バネが装備されているが、これは省略。下から衝撃を受けた際、スムーズに転輪が上に逃げられるようにしてある。

    仮組みした際の様子。
    車体に取り付ける際に、各種転輪がほぼ直線に並んでいないとキャタピラが外れたり、上手く回らなかったりすることになるので、今回はシャーマンの時以上に組立てには気を使った。

    今回はかなり丈夫に作ってあるので、多少の衝撃なら大丈夫な筈。

    現在、各種転輪のディティール追加と仕上げをキャタピラピース製作と同時進行で作業中。数が多いので大変だ。

    足回りの工作が終われば、あとはシュルツェンと取り付けステーを作るのみ。

    2009.12.24 | Panzer

    Pzkpfw.IV ausf.H Turret

    戦車の顔とも言うべき砲塔。
    M4シャーマンの記事中でも述べたが、この部分の出来次第で全体の印象が変わってしまうので、手を抜けない箇所である。正に顔だ。
    そしてこの部分には、主砲、同軸機銃、対空機銃といった主要兵装が搭載されるので、実際に動かして使う以上、砲塔を旋回させたり、砲を上下させたりといった内部ギミックも外観以上に重要である。

    砲のギミックについては機会を改めて述べるとして、今回は旋回のギミックについて紹介したい。

    M4シャーマンの時は、ピックアップトラックなりジープなりの上にハリボテを乗せるという構造上、砲塔は実車と異なり、ゴンドラにはなっておらず、外から見える砲塔部分のみが旋回するという仕組みになっていた。
    動力は車長と射手。つまり、この2名が立った状態で砲塔をグルグルと回す訳だ。
    一見優雅に水面を進む白鳥が水面下では必死に水を掻いているように、砲塔から顔を出してるこの2名も下半身ではジタバタしていたのである。
    この2名の負担を軽減し、より少ない力で砲塔を旋回させられるように、M4の砲塔下面には台車用の車輪が幾つかとりつけられていた。

    4号戦車で採用した方法は、これを若干進化させたものになっている。
    シャーシから製作している4号では、実車通りのゴンドラ式の砲塔を積むことができる。そこで今回は車体側のターレットリング上とゴンドラ底面を受ける床上に工業用のボールキャスターを10個づつ設置。こうして負荷を軽減させ、手動でゴンドラ自体を旋回させるのだ。
    従って車長も射手もM4の時のように歩いて砲塔を回す必要はない。
    上の写真で、車体内部の砲塔の下に何本かの縦棒が見えているが、これでゴンドラ底部と砲塔とを連結している(今後もうちょっと実車に近い見栄えにはするが)。

    非常にプリミティブな方法だが、結局色々考えたけれどもこの方法が一番簡単且つ確実。将来電動化したくなった時にも比較的容易に対応できるし、そのための冗長性は十分とってある。

    4号戦車砲塔。

    これは主要パーツを仮に取り付けてみた時のもの。
    車長用キューポラはまだただの筒状態。
    こうして時折様子を見つつ、ディティールの追加や修正を行っていく。

    ターレットリング上に配置されたボールキャスター。

    工業用のターンテーブル等に使用されているもので、砲塔を少ない力で回すための必需品である。
    ちゃんと荷重を計算した上で、若干余裕のあるスペックのものを導入。
    同様のものが、ゴンドラ底面を受ける床上にも配置されている。

    尚、M4のように砲塔側に取り付けなかったのは、ヴィルベルヴィント等の交換用砲塔が企画されているためである。
    こうしておけば、砲塔とゴンドラ部の連結を解くだけで砲塔の交換が行え、且つ砲塔の数だけボールキャスターを用意する無駄が省ける。

    2009.12.22 | Panzer

    M4 Shaman

    当隊米軍ユニットが中心となり、2000〜2001年にかけて製作された、当隊初の1/1戦車である。

    トヨタのピックアップトラック上に鉄パイプで骨組みを組んで、そこにベニヤ板を取り付けることで車体を構築している。
    砲塔はM4計画主任で設計担当者であった当時の隊員が、木材の積層から削り出して製作しており、この部分だけは工芸品レベルだと今見ても思う。
    このように鋼鉄の塊である戦車をほぼ木製で再現しており、木工&ベニヤ板が秘める無限の可能性を当隊隊員に認識させた作品であった。

    今の目からすると、全体としてはお粗末さを感じざるを得ないが、1/1スケール(実はロクな図面も用意せずに作ったせいで、車体は実物よりもちょっとデカかったのは内緒だ!)だけあって迫力は十分で、当時これを投入したゲームは大いに盛り上がった。

    初期は隊員が仕事で使っていたピックアップトラック上にその都度車体を構築していたため、イベント投入毎にほぼ1日かけて組立て、終了後に数時間かけて分解という作業を繰り返さざるを得なかった。また、重量&バランス的にピックアップトラックには少々荷が重く、不整地走破性が低く、動かす際は細心の注意を払う必要があった。

    こうした運用面での問題を解決するため、後期(2002年頃〜)は、ベース車体としてより高出力な三菱ジープを隊で購入することで、常時車体を組み付けとすると共に機動力の強化が図られた。
    しかし、全木製車体という構造が故、年々車体のコンディションが悪化。終いには車体にキノコ(多分毒)が生える始末で、2003年に惜しまれつつ消却処分。木工&ベニヤ板の限界を思い知らされる結果となったのであった。

    今にして思えば色々と問題の多い車体であったが、例え反面教師的なものであったとしても、このM4の製作と運用を通じて様々なノウハウが得られたのも事実で、その成果はしっかりと4号戦車製作に生かされている。

    2001年の冬本栖にて、ドイツ軍陣地へ向けて進撃するM4。

    こうして見ると意外とホンモノっぽい?

    同じく2001年冬本栖におけるワンカット。

    今の視点で見るとキャタピラがちょっとお粗末過ぎるが、これは隊員総出で数週に渡って一つ一つ作り上げた思い出の品である。やはり量があるので当時はかなり苦労したのだが、現在進行中の金属製4号用キャタピラと比べれば、製作工程自体はそう難しいものではなかった。

    富士山とシャーマン。

    これも2001年の写真。
    この頃はまだピックアップトラックの上にその都度車体を一日がかりで構築していた。
    野戦での使用に関しては、多分これが初期型最後の出撃だったと思う。

    これは2002年の冬本栖。

    ベースを三菱ジープに換装し、車体は常時組み付けとした後期形。
    車体前面に空いている穴は、運転手用の窓。
    構造上、ジープの運転席にいる操縦手がハッチから顔を出すことができないので、このようなことになってしまっている。当初はCCDカメラで外部視界を確保という案もあったのだが、当時のタイムラグバリバリの映像では事故を起こし兼ねないという理由から搭載は見送られた。

    ちなみに4号ではちゃんと操縦手はハッチから頭を出せるし、ペリスコープも搭載する予定。

    ゲームの合間にキャタピラと起動輪を修理するM4。

    後期型は機動力が向上し、多少の凸凹なら乗り越えられるようになったのだが、キャタピラがご覧のように全く柔軟性のない造りなので、衝撃を受けて壊れることもしばしば。起動輪をはじめとする転輪も良く飛んだものだ。

    4号ではこの反省を踏まえ、キャタピラは実物同様の連結方法とし、転輪もある程度上下に逃げて衝撃を緩和するよう設計されている。

    […]

    2009.12.20 | Panzer

    Pzkpfw. IV Caterpillar

    Pzkpfw. IV 400mm Caterpillar piece (Original)

    木製M4シャーマンの時、キャタピラはやはり1ピースづつ木工で作ったのだが、装着方法としては上下部分は板の上に並べて固定。前後の湾曲部分は布に貼り付けてカーブさせていた(と思う。燃やしちゃったんで記憶はあやふや)。

    ゲーム時に限って言えば、細かいディティールまではそうそう見ていられないので、雰囲気としては、まあこの程度でも十分であった。運用上もどうせ無可動ならば、この方が楽という面もあった。

    しかし、4号戦車製作開始にあたり、隊員からは

    「キャタピラを足したり詰めたりするプレーをしたい」
    「キャタピラ交換プレーがしたい」

    という要望が噴出。
    そこで今回は質感にもこだわり、キャタピラは1ピースづつ金属で造り、実物に準じた方法で連結させようということになったのであった。

    しかし、「言うは易し、行うは難し」である。
    とりあえず実物の4号戦車用400mmキャタピラピースを入手し、これを型にして鉄板を溶接&叩き出しで製作を開始したものの、これが戦車本体を作る以上の苦行であった。

    Pzkpfw. IV 400mm Caterpillar piece (Repro)

    何しろ数が尋常ではない、左右&車体前面に取り付ける予備キャタピラ分と合計300ピース以上作らないといけないのだ!
    しかも連結させる以上、各ピース毎のサイズ誤差も大きくは許されない。実物を型にしているとは言え、曲げ方一つ間違えると、ボルトが通らない、通っても斜めになってしまうということに成ってしまう。

    殆ど匠の技的な世界に突入しつつ、現在も鋭意量産中。
    元々鋳造で作られているものを、板金でやろうって話しがそもそも無茶だった気もするが、見た目と軽量化を両立させるのに他に良い実行可能な方法が思いつかなかった。

    職人の匠の技が炸裂し、今の所、出来上がったキャタピラピースの連結はご覧の通り無問題。

    気持ち良くクネクネと曲がる。
    これならキャタピラ交換プレーも気持ち良く出来る筈。
    もっとも、作ってるだけでお腹一杯気味なので、完成したら嫌になっちゃってそんなプレーはやる気もおきないという恐れもあるが……。

    先月後半の時点でのキャタピラ製造状態。

    恐らく必要数の7割程度は出来ていると思う。
    しかし、1年以上この作業をしていて、未だ終わりが見えない状態で、多分、車体の方が先に仕上がってしまう。そんなペースである。

    ついつい車体の方に気を取られて軽く見がちであったが、実は戦車を作る上でこの作業が最難関と言っても差し支えない、苦行的工程であった。

    2009.12.17 | Panzer

    Hello world!

    1/1 scale, Pzkpfw. IV ausf. H.