Contents









SS山岳部隊

Photos of old posts


  • Warning: mysql_fetch_array() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/vuser/7/9/0011097/www.kamerad.com/schwarz/wp-content/plugins/randomimage.php on line 516
  • Twitter Updates

    Popular Posts

    2010.03.05 | Footwear

    Reproduction German army tropical high boots

    DAKアンクルブーツに続き、DAKロングブーツの試作品。
    脱ぎ履きは面倒臭いが、格好良さでは独軍ブーツの中でも随一かと思う。

    SSのトロピカルブーツを試作するついでに作ったものなので、キャンバス地の色合いがオリジナルと異なるが。造りとしては全く問題無いと思う。
    以後の製造分はオリーブドラブのキャンバス地を用いれば、非常に良い感じとなりそうだ。
    また試作品が仕上がったら紹介したいと思う。

    DAKブーツ靴底

    アンクル同様、実用性を考慮して、底には滑り止めのゴムを貼ってある。

    DAKブーツ背面

    ふくらはぎは、日本人向けに太目に作ってある。
    海外のレプリカだとここが細いので、1〜2サイズ上を買わないと足が通らず、しかも爪先 or 踵がガバガバということになってしまう。

    2010.03.05 | Footwear

    Reproduction German army tropical ankle boots

    戦車兵用の黒アンクルブーツ(「Black leather ankle boots」参照)を作って貰った靴屋にて、他にも色々なWW2ドイツ軍フットウェアのレプリカを製作しているのだが、DAK好きなハント大尉の強力なプッシュで作られたのがこのDAK用アンクルブーツである。

    当隊はSS専門で、陸軍はやらない予定なのだが、このタイプのアンクルブーツは一部SSにも支給されたと言われているし、もしかすると将来、「作ってて良かった!」ということになるのかもしれない。
    しかし今の所は隊活動では使う予定ナシ。
    大尉同様にDAK装備を集めている隊員だとか、普段履きにいいんじゃないかという隊員が購入するに留まっている。確かに夏場にはいいかも。

    靴に限らないが、ドイツ軍物の製作経験のない所にレプリカ作成を依頼する場合、ドイツ軍物特有の雰囲気に繋がる細かなディティールを覚えてもらう迄が結構大変である。
    最近は靴屋の方も大分慣れてきたらしく、細かく指示を出さなくてもいいようになってきた。
    ここ迄くれば、大抵の靴は作れそうなので、今後靴の調達で困ることはないだろう。

    DAKアンクル靴底

    実用性を考慮して、底には滑り止めのゴムを貼ってある。
    勿論、実物同様の鋲打ちも可だが、当隊では不人気。

    DAKアンクル背面

    このラインだとか、靴底の造りがドイツ軍っぽさに繋がるポイント。
    まあ、殆ど見えないというか、履いちゃうと分からないという程度のことだけれども、どうせ金出して作るなら、納得の行くものにしたいのが人情。

    やはり職人というか工房とのコミュニケーションが肝要で、こちらの納得の行くものを黙って仕上げてくれるようになるまで、色々と教え込まないといけない。海外の工房なら尚更である。

    2010.02.20 | Watch

    WW2 German Military Wrist Watch

    ドイツ軍装を揃えるに当たって、意外と入手にてこずるアイテムの一つが腕時計ではないかと思う。
    まあ、全員に支給されていた訳ではないし、特に歩兵系では、リエナクトにせよ、サバイバルゲームにせよ、無くても特に困らないので、当隊でもわざわざ実物を購入して揃えている隊員は少ない。というか、そもそも時計を身につけない隊員が殆どである。当隊には100万以上する時計を何本も持っている腕時計マニアがいるのだが、そいつだってドイツ軍装で遊ぶ時は時計はナシである。ある意味、「あってもなくてもいい装備」の代表格と言えるだろう。

    しかし、今後戦車を運用するに当たっては、戦車搭乗員とそれ以外の隊員との連携をとる必要が出てくる可能性がある。それにあたって腕時計は「なくてはならない装備」になるだろう。
    ただ、実用目的となると必ずしも実物が良いとは限らない。外部との連携をとりつつ運用となると、双方の時計がズレまくっていては話しにならない。従って無理に実物で揃えるよりは、動作に問題がないレプリカや代用品を使う方が合理的だろう(まあ、秒オーダーでピッタリ合わせて何かやる必要があることってないけどね)。

    そこで今回は実物、レプリカ、代用品のそれぞれを紹介してみよう。

    陸軍官給腕時計

    実物。
    “HELVETIA”というスイスブランド(後にオメガに吸収される)の手巻式腕時計である。
    ご覧のように外装、文字盤共に痛みが目立つが、今の所、日差-30秒程度で動いている。
    黒文字盤に夜光塗料付の白文字、スモールセコンド付という当時の一般的な仕様である。

    ケース径は竜頭ナシで32mm、竜頭込みで35mm。
    今の目からすると小振りな時計であるが、この時代の陸軍用の軍用時計は各国共にこれ位のサイズのものが多い。

    裏面

    ドイツ陸軍納入を示すDHナンバーが刻印されている。

    この種のものは当時大量に生産されたので、現存数もそこそこ多く、アンティークウォッチとしては手頃な値段で入手可能だが、実用上問題無い程度のものは年々減りつつある。

    代用品

    B-barrelという日本ブランドの時計。
    黒文字盤の自動巻である。
    製造自体は中国で行われており、ムーブメントも中国製。
    中国製機械式時計には実用に耐えない粗悪なものも多いが、ここの物はしっかりと検品されているらしく、評判が良い。

    この時計はインデックスがシルバーの金属製な点が異なるが、全体的な雰囲気としては1940〜50年代の腕時計のデザインを踏襲しており、良い感じだ。

    ケース径は竜頭ナシでで35mm、竜頭込みで38mm。
    これで定価¥15,750-。新品でそれっぽいデザインのものとしては安価な部類である。
    日差もこの個体は+10秒程度とまずまずの精度。

    実物と比較

    実物と比べると若干大きく、厚みもあるが、ドイツ軍装と合わせてみても全く違和感はないだろう。

    最近はこうしたクラシカルなデザインの時計も各社から発売されるようになってきており、一頃と比べると選択肢は増えつつあるように思う。
    また、当時は私物も多く用いられていたので、官給品のデザインにこだわらなければ、使えそうなデザインは多い。

    Tutima Flieger […]