Contents









SS山岳部隊

Photos of old posts


  • Warning: mysql_fetch_array() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/vuser/7/9/0011097/www.kamerad.com/schwarz/wp-content/plugins/randomimage.php on line 516
  • Twitter Updates

    Popular Posts

    2010.05.05 | Hygiene

    Shaving Items

    当隊では数次にわたり、雑嚢の中身の充実を図ってきた。
    フォーク、ナイフ、スプーンといった食器に始まり、Esbit、調味料、レーション、タオル、マッチといったアイテムを実物/レプリカ取り混ぜて揃えてきたのだが、最近力を入れているのが、髭剃り用のアイテムである。

    一泊以上の活動では、起床時に髭を剃ることになるので、特に隊でお膳立てしなくても自発的に揃えていた隊員もいるのだが、やはりこの手の生活用品に興味の無い隊員もいるし、大抵は宿を出て活動をはじめる前に済ませてしまうので、どうしても実物乃至は当時のスタイルのものを持っていなければ話しにならないというアイテムでもない。従って、全員で揃えている訳ではないというのが現状である。

    しかし今後、4号戦車が完成した後は、砲身の下にテントを張って寝るといったプレイも想定され、活動中に髭を剃るというケースも増えてくるものと思われる。4号の実戦投入がはじまる迄には揃えて行こうということで、鋭意調達中である。

    髭剃り各種

    当時のドイツ軍で多用されていた、両刃カミソリ用のホルダーである。
    様々なメーカーで生産されていたが、基本的な仕組みと形状は大体同じである。
    素材はベークライトの他、金属製のものも生産されていた。

    中央の金属製のものは、現在でも生産されている独メルクール社製品。
    その左右はベークライト製のWW2当時の製品である。

    ヘッドを分離

    この種の髭剃りは、大抵このようにヘッドと軸とを分離することができる。

    ヘッド部は上下に2分割されており、その間に刃を挟み込む構造になっているのだが、稀に下側の部品が軸と一体になっていて、分離できるのは上側の部品のみというスタイルのものもある。

    WaA刻印

    上にあげた3種の内、左側のベークライト製のものは、国防軍の官給品で、軸の底にヴァッフェンアムトの刻印が入っている。

    携帯用ケース

    以前にも紹介したが、官給タイプの髭剃り用ケースである。
    3点とも革製のレプリカ。

    当時は革製の物の他、同一形状で、防水加工を施したキャンバス製のものも支給されていた。

    隊員に提供するのに、色や革の質を変えて色々試作してみたが、一番左の茶革の物を量産することとなった。

    収納状態

    髭剃りは軸とヘッドに分割して収納する。
    替刃も10枚入りのものを1箱収めることができる。

    […]

    2010.03.10 | Hygiene

    Reproduction WW2 German shaving razor pouche

    久しぶりに雑嚢から取り出してみたら、ベークライト製の髭剃りが粉砕されていた。
    そんな経験をされた方も多いのではないかと思う。
    当隊でも裸で雑嚢に入れている隊員が多いので、髭剃り粉砕事件は頻発。
    大抵は地面に置いていた雑嚢を踏んでしまうとか、上に重い荷物を置くといったケアレスミスが原因である。

    「こんなに脆いのでは、当時のドイツ兵もさぞ困ったことだろう」

    そう思いがちなのだが、さに非ず。
    ドイツ軍は、つまんない物にもとにかくケースの類をつけるので有名だが、髭剃り用のケースもちゃんと用意されていたのである。
    もっとも、良く考えてみれば、刃の露出した髭剃りを裸で雑嚢や背嚢、衣類鞄(これらのいずれにも収める例がある)に入れておくバカはいない。そんなことをしたら、雑嚢等がボロボロになってしまうこと必定である。
    従ってこれは、実用せずに、刃をつけていないものを単に雑嚢の飾りとして入れておくケースに限って生じるトラブルと言えよう。実用するなら衛生上の観点からしても、裸で入れておこうとは思わないだろう。

    さて、髭剃りは官給品の他に、私物も持ち込まれていたせいか、これを収めるケースも、ベークライトや金属製のハードケースから、キャンバス製のジッパー付きポーチ等様々な形のものがある。その中でも有名なのが上の革製のポーチであろう。「Whermacht」や「Heer」といったスタンプが押されていることもあるので、官給品と思われる。

    構造は、十字にカットされた革にホックと髭剃りや替刃をホールドするためのループがついているだけという至って簡単なもので、携行時はこれを折り畳んでホックを留める。
    ループは本体に直接縫い付けられている訳ではなく、台布上に縫い付けられており、その台布の左右両端を本体に縫い付けることで固定されている。
    素材は革の他に、ニスを引き、防水加工を施したキャンバスを用いたものがある。

    尚、髭剃りはグリップとヘッドの部分を分割して収納するようになっており、写真のようにグリップの端が太いタイプだと、蓋を閉じた際の収まりが悪い。

    非常に簡素なアイテムだが、壊れ易いベークライト製髭剃りの保護にもなり、携行にも便利なので、今後量産して全隊員に支給する予定。型紙は起こしてあるし、革もあるので、近々作業会でも催そうかと思う。

    粉砕された髭剃り

    不注意から無惨にも粉砕されてしまった実物ベークライト製髭剃り。
    これはグリップの底にヴァッフェンアムトの刻印が入っている官給品。
    当時のT字髭剃りはどれも似たような形ではあるが、色やグリップ部の形状や長さに様々なバリエーションがある。

    また、素材もベークライトの他に、金属製のものも多かったようだ。

    梱包状態

    この状態で雑嚢や背嚢、衣類鞄に入れておけば、粉砕率は大分低下するだろう。
    元々小さなアイテムであるが、替刃も含めてコンパクトに携行できるのも良い。

    2010.03.07 | Bags & Backpacks

    Reproduction M31 clothing bag (U.S. made)

    元々簡易な作りな上に、それなりの重量の荷物を詰め込んでいたためか、市場に出回っている実物のM31 衣類鞄(クローシングバッグ)はあちこちが痛んでいるものが多い。特に把手の根元がとれかかったり、生地ごと抜けかかっているものが目立つ。中には既に一度抜けてしまい、補修された跡があるものもある。
    他にも縁や底が擦り切れていたり、方々に小穴があいているのはデフォ。状態が良いものは中々みかけないアイテムの一つである。

    そういう訳で、実用する時は結構気を遣う。
    というか、いつ把手が抜けてしまうか、どこかに小穴をひっかけて、生地がビリっといってしまうのではないかとヒヤヒヤしながら使っている。

    このままでは精神衛生上宜しくないので、いっそレプリカを作ってしまおうかと考えていた時に見つけたのが、この米国製のレプリカである。やはり米国でも実物がボロくて困っている人がいるようで、そういう人向けにレプリカが製作されいたのだ。
    当隊隊員もこれを買えば問題解決なんじゃないかと思い、早速在庫を問い合わせてみた所、残念ながら残り2個と、世の中そうそう都合良くはできていないという現実に直面する結果となった。

    とりあえず在庫の2個を注文し、届いたのが上の写真のものである。
    所謂後期型というか、ボディの縁に革の補強がないタイプのものが再現されている。
    ストラップは戦後物の装備ストラップをぶった切って流用。把手は新品の革を使って作られている。
    生地は色目も質感も、後期のリュックや鞄に多用されている生地の風合いに近く、良い感じ。
    何よりも新品ということで、実用上の安心感は絶対的なものがある。

    とは言え、2個では全然足りないので、やはり当隊でレプリカを作成することとした。簡易な作りの鞄なので、特に難しいことはないだろう。

    実物と比較1

    手元に初期型というか、縁に革補強があるタイプしかないので、これと並べてみた。
    このタイプのものは生地がより目の細かくスムースな表面のものでできており、色目もより青味がかっているので、米国製のレプリカとは印象が異なる。

    実物と比較2

    寸法と形状は実物通り。
    縫製もしっかりしているし、良く出来ていると思う。

    実物と比較3

    後期型の実物は採寸等のために職人に預けてしまっているので、以前撮影した写真と比較。

    やはりこのタイプをモデルとしているので、色目や質感共に違和感はない。
    レプリカの方が緑が強いが、実物でもオリーブグリーンのような色合いのもから、オリーブドラブに近いもの、より茶が濃いもの等様々なバリエーションがあるので、十分許容範囲内である。

    Waffen amt刻印1

    把手の裏側にはアムトの刻印が入れられていた。
    これまで実物を何枚か見てきたが、アムトの刻印が入っているものを見た記憶がない。
    手元にあるものにもアムト刻印はなし。

    もっとも使っているうちに裏面は毛羽立ってくるので、消えたり目立たなくなっている可能性はあるかもしれないが、まあレプリカだし、別に入っててもいいかなと。

    […]

    2010.02.28 | Bags & Backpacks, Personal Items

    M31 Clothing bag and the contents

    昨日のM39背嚢に続き、本日はM31衣類鞄(クローシングバッグ)とその内容について。

    このバッグは背嚢とは異なり、ちょっとした物を入れて持ち運ぶのに便利なので、当隊活動においても割と頻繁に利用している。が、やはり戦闘で使う訳ではないので、正しくは何を詰めておくべきなのかといったことは余り省みられることはなかった。その時々で必要なアイテムを適当に詰め込んで現場まで持ち運ぶといった使い方が主である。
    折角持っている訳だから、今後はもうちょっと真面目に使ってみるべきなのかもしれない。

    上の写真は、M31衣類鞄とその中身である。
    1936年版の独陸軍歩兵操典によれば、中に詰めるべきアイテムは以下の通りである。

    ・夏服又は作業服1着
    ・下着1ペア
    ・靴下1ペア
    ・カラー1本
    ・テントポールバッグ(ポール1本、ペグ2本)

    これにその他必要な物を詰めるべしとされている。
    上の写真では、作業着としてリードグリーンのHBT作業服を使っているが、SSの場合は初期にはスタンドカラーの作業服が用いられる場合もあったかもしれない。

    また、冬季に毛布を兵士が携帯したり、馬や車で運ばない場合は、毛布も衣類鞄に収めるとされている他、騎馬の兵士は編上靴を一足、衣類鞄に収めることと記されている。

    気になるのは、テントポールバッグを衣類鞄に収めるように記されている点である。
    確かに背嚢にはテント用ロープしか収められていないし、雑嚢に入るサイズではないので、とりあえず前線迄入れて運ぶとすれば、衣類鞄なのだろう。

    M31衣類鞄後期型

    「工兵用バッグ」として売られていることもあるが、実態は衣類鞄である。
    これは所謂「後期型」と呼ばれるもので、後期の独軍野戦装備に多用される荒目のキャンバス地で作られている。

    M31衣類鞄初期型

    こちらは所謂「初期型」と呼ばれるものであるが、本当に初期/後期で作りが違うものなのかは不明。
    こちらは上の後期型と比べ、より目の細かいスムースな表面のキャンバス地でできており、本体の縁に補強のための革が当てられている。

    カラー2種

    マニュアルによれば、カラーを1本携行することになっている。

    上は陸軍と武装SSで一般的に用いられているもので、下は主に初期のSSで用いられていたもので、スタンドカラーの作業服と組合わせて着用されている写真を良く見かける。但し、戦争がはじまってからもフィールドグレーのウール野戦服の下にこのカラーを付けている例も見かける。

    収納状態

    マニュアルには背嚢と異なり、特に荷物の詰め方は記されていなかったので、順番は適当。
    衣類鞄にテントポールバッグを収めるというのは、少々意外に思われるのだが、ご覧のように、テントポールバッグの幅と衣類鞄の幅はぴったりで、テントポールバッグと衣類鞄、どちらのサイズが先に決まって、どちらが合わせたのかは分からないが、衣類鞄に収めるのに都合が良いようにはなっている。

    荷物を全て収納した状態

    マニュアルに記されていたものを全て詰めてもパンパンにはならず、まだまだ余裕がある。恐らくそのスペースに様々な日用品等が詰め込まれたのであろう。

    […]