Contents









SS山岳部隊

Photos of old posts


  • Warning: mysql_fetch_array() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/vuser/7/9/0011097/www.kamerad.com/schwarz/wp-content/plugins/randomimage.php on line 516
  • Twitter Updates

    Popular Posts

    2010.03.31 | Panzer

    Pzkpfw.IV ausf.H road wheel & caterpillar

    4号戦車に必要な、約300個のキャタピラピース部材の切り出しがようやっと終わった。また、転輪の制作もとりあえずの所は終了した。

    前にも書いたが、同じ形状のものを手作業の板金叩き出しで数百個作るというのは、本当に時間のかかる作業である。車体の方もまだ若干のディティールの追加等を行う必要があるのだが、やはりキャタピラや転輪といった足回りの制作の完了をもって、4号戦車完成という段取りになるものと思われる。

    本日はそんなキャタピラ&転輪の制作風景を紹介したい。

    キャタピラピース部材

    ようやっと必要数の全てを切り出すことができた。
    これはキャタピラ本体の部品。
    これを折り曲げて、あの形状に加工する。

    キャタピラピース側面部材

    こちらは作りかけの側面の部材。
    これも元は一枚の鉄板を切り抜き、折り曲げて制作している。
    キャタピラピース1個につき、左右2個必要となる。

    歯の部材

    キャタピラピースの噛み合わせ/ガイド用の歯の部材。
    これは3つの部品を組み合わせて制作する。

    従って、1個のキャタピラピースを作るには、6つの部品を折り曲げたり、溶接したりしなければならない訳で、それを約300個作るというのは、正に気の遠くなるような話しである。

    転輪

    キャタピラと比べれば大分数は少なく、形も単純とはいえ、やはり同じものを複数拵えるというのは面倒な話しである。

    特に足回り等の可動部の部品は、割とシビアな設計になっているので、寸法に個体差が出ないよう、気を払わねばならない。

    出来上がったキャタピラピースは、試しにに連結し、転輪上を這わせてみることで、問題なく使えるかどうかチェック。

    ここで連結や動きに問題があるピースは刎ねられる。

    […]

    2010.02.11 | Panzer

    Pzkpfw.IV ausf.H Gleitrollen (road wheel)

    4号戦車を作る上で一番面倒臭くて辛い作業はキャタピラピース作りであるということは以前に述べたが(まだ全部できてない)、それに次ぐ苦行的作業は転輪製作である。
    基本的に同じ物を沢山作らないといけない作業というのは辛いものだ。

    上の写真は去年、仮に転輪をとりつけてみた際の様子。
    ディティールまで仕上がっているのは起動輪と誘導輪、上部のガイドだけで、メインの転輪はまだ加工途中である。

    M4シャーマンの時はキャタピラは回らない構造だったので、下部のキャタピラに衝撃が加わった際に転輪が若干上下して緩衝してくれさえば良く、基本的にはなんとなく形になっていればOKであった。
    しかし4号はキャタピラが回るようになっているため、ちゃんとキャタピラを噛んで、やたらめったら外れないように、各種転輪もそれなりの精度をもって製作/取り付けなければならなかった。

    下部転輪は実車同様に二個一組でハ字型のステーに取り付けられており、左右それぞれ独立して動くようになっている。4号はキャタピラピースも含め全金属製なので、シャーマンの時のようにちょっと何かが当たっただけで部品が破損することはないと思われるが、一応衝撃をある程度は受け流せるようにとの配慮で、実車の構造を簡略化した設計を採用した。
    また、実車ではハ字ステーの間に板バネが装備されているが、これは省略。下から衝撃を受けた際、スムーズに転輪が上に逃げられるようにしてある。

    仮組みした際の様子。
    車体に取り付ける際に、各種転輪がほぼ直線に並んでいないとキャタピラが外れたり、上手く回らなかったりすることになるので、今回はシャーマンの時以上に組立てには気を使った。

    今回はかなり丈夫に作ってあるので、多少の衝撃なら大丈夫な筈。

    現在、各種転輪のディティール追加と仕上げをキャタピラピース製作と同時進行で作業中。数が多いので大変だ。

    足回りの工作が終われば、あとはシュルツェンと取り付けステーを作るのみ。